無利息で利用する


乱立という表現こそ適切とは言い切れませんが、今日私達が手軽簡単に活用出来るキャッシングサービスは多種多様に渡っています。街を歩けば消費者金融関連の宣伝告知が次々と目に飛び込んで来るのみならず、各メディアでも関連情報が常に配信されており、私達は時に選択に窮する程です。こうした過当競争状況の中、各消費者金融は新規自社利用客の開拓に余念が.無く、さまざまなメリットを謳い顧客獲得に努めています。

そうした中でも私達利用者の目を惹きつけるメリットが、無利息で利用可を謳う文言であり、これに勝るキャッシングサービスは見当らぬと言っても過言ではありません。初めての利用時に限り、一定期間内の返済であれば無利息、あるいは無利息期間を競合他社より長く設定するなど、具体的なサービス内容もさまざまです。たとえば無利息に徹底的に拘っての現金調達を考えるのであれば、無利息を謳う金融業者を順々に利用する方法が視野に入ります。

返済延滞などの事故さえ生じなえれば、特に審査に際して悪影響が懸念される事は無いと判断されます。但し利用者の信用情報は調査機関を経由して業者間で共有されているため、同時に複数の無利息サービスを利用しようとした場合、利用限度額の問題からキャッシングが叶わぬ可能性が想定され、使い過ぎのリスクを含め、注意が必要です。

また無利息期間を設けている消費者金融のなかには1週間であれば何度でも無利息と謳っているところもあります。こうしたところであれば、期間さえ守ればいつまでも利息なしにキャッシングが出来ます。上手にキャッシングするにはこうした消費者金融を利用すると良いでしょう。ただし、期間を守ることが重要です。

参考|noloan
└1週間無利息サービスを実施している消費者金融です。

安易な活用のリスク

現金が必要になれば簡単手軽に借入が可能な、消費者金融のキャッシングサービスには、その便利なメリットと同時に、複数のリスクが潜んでいる現実を見過ごしてはなりません。とりわけ無利息での現金調達は、時に自身の預貯金口座から自己所有の現金を引き出す感覚と混同から、返済に窮してしまい延滞を生じさせてしまう展開が否めません。

あるいは当初こそキチンと返済計画に基づくピンポイントの利用にとどめていた利用者が、次第に慣れから感覚的な麻痺を生じさせてしまい、習慣的にキャッシングを重ねてしまうケースも少なくありません。無利息という三文字には、こうした私達の自己管理能力に悪しき影響を及ぼす魔力が潜んでいると捉え、あくまで第三者機関からお金を借りている、期日内の完済が鉄則の「基本中の基本」を忘れてはなりません。

インターネット上の口コミ情報などをランダムに閲覧すると、無利息サービスを巧みに駆使から、利息とは無縁のキャッシングで手持ち金額を増やして回すノウハウなども紹介されていますが、これは綱渡り的な危険な行為に他なりません。借入返済のために新たな借入を繰り返す、いわゆる自転車操業的な資金繰りの行き着く先は1つであり、そこには無利息というメリットすら欠片も見当たりません。

消費者金融を賢く活用


消費者金融のキャッシングサービスは、急に現金の準備が必要となった、あるいはまとまった金額を用意せねばならない場面など、堅実な活用でそのメリットを最大限実感出来るサービスとして、日々新たな利用者を増やし続けています。そして着実に増加を続ける利用者のニーズに応える事で自社利益に繋げるべく、既存の金融機関は次々と新たなキャッシングサービスを提供し、更には新規事業参入を視野に入れる新進企業も増加傾向を見せ続けています。結果として新規利用者の獲得合戦が避けられず、より大きなメリットを利用者に還元すべく、複数の金融機関が実施に踏み切った注目のサービス、それが無利息で利用可能なキャッシングサービスです。

営利目的で活動する民間企業にとって、無利息でお金を貸す行為はボランティア行為に他ならず、利益ゼロどころか要する諸経費を考慮すれば「持ち出し」です。それでも一定の縛りを設定する事で、結果的に自社会員の獲得からリピーターの育成に繋げる事で、大きなメリットを得る戦略として成果を上げています。そして何より私達利用者にすれば、無利息なるメリットに勝る魅力的な得点は見当たらず、同じお金を借りるのであれば、このサービスを選択して利用するのが得策に違いありません。

ここでは以下、今日複数の消費者金融が実施する、無利息のキャッシングサービスに視線を合わせ、利用に際して何らかの制限が設定されているのか、必ず無利息が約束されるのかなど、気になるポイントを確認して行きたいと思います。同時に安易に多用する姿勢が招くリスクに関してなど、踏まえておきたい注意点に関しても説明させていただきます。